規格試験情報

環境・振動試験を取り扱う規格は、国内はもとより国際標準化されたものまで、さまざま存在します。製品やサービスに求められる品質を確認するため、適正な試験規格を選定することが非常に重要になっています。下記には主要な規格について概要を記述してありますので、規格選定の指針にご利用ください。

IEC(International Electrotechnical Commission)規格概要

主に電気製品を評価する規格です。環境試験の観点では環境分類及び製品の試験方法、安全性を評価する規格です。また環境試験装置の性能試験、具備すべき条件なども制定しています。他の国際規格、ISO規格はこのIEC規格を引用しているケースが多くなっています。

ISO(International Organization for Standardization)規格概要

最も著名なISO規格として、品質マネジメントシステムのISO9001や、環境マネジメントシステムのISO14001などがありますが、主に非電気分野を専門に扱って来ましたが、最近は広範囲のテーマを扱っています。最近の規格としてISO16750の自動車の部品・機器の環境試験の標準化を制定しています。

JIS(Japan Industrial Standard)規格概要

JISとは、日本国内で製造・使用されるさまざまな鉱・工業製品などの我が国の工業標準化の促進を目的とする工業標準化法(1949年)に基づいて制定される国家規格です。その対象は広く、すべての鉱工業製品に対して、形状、品質、性能、生産方法、試験方法などについて、全国的に統一を図るために標準を定めています。最近の国際規格をJIS化される場合は、国際規格の番号と同じにしており、対比し易くなっている。

製品規格等

形状・寸法、物理的性質、性能、構成、化学的性質、能力、装備、外観、耐久性・信頼性、配置、騒音、保全性・安全性、成分、機能、その他

方式規格

動作、手順、手法

基本規格

計量単位、システム、状態、用語・言語、数列、分類、記号・符号、数値

MIL(Military Specifications and Standards)規格概要

この規格は米国国防省一般的には、アメリカ軍が必要とする様々な物資の調達に使われる規格です。 具体的には、国防総省で制定するMIL仕様書 (Militaly Specification)、MILハンドブック(Militaly Handbook)、MIL標準(Militaly Standard)のほか、連邦規格(Federal Standard)もあります。これらの大半は耐環境性試験の規格です。MIL-STD-810に準拠した試験実績を指している。電子部品関係の規格はMIL-202、MIL-883が適応されている。MIL-STDは歴史があり、環境試験方法のバイブルとも云われ、国内の自動車メーカー、部品メーカーは本規格を参考に来ました。

主な振動試験・環境試験の規格一覧

規格名 対象カテゴリ 規格番号
IEC環境試験規格 電子部品 IEC-60068
RAIL-WAY Equipment
Rolling-Stock Shock and
Vibration
IEC-61373
ISO環境試験規格 路上走行車-電気及び電子機器環境条件及び試験 ISO-DIS16750-3:2001
Test Equipment for Generating Vibration ISO-5344:1980
JIS環境試験規格 土木および建築 JIS-AXXXX
一般機械 JIS-BXXXX
電気・電子 JIS-CXXXX
自動車 JIS-DXXXX
鉄道 JIS-EXXXX
船舶 JIS-FXXXX
航空 JIS-WXXXX
梱包貨物 JIS-ZXXXX
MIL環境試験規格 ホース関係 MIL-DTL8794E
航空宇宙機器の環境試験方法 MIL-810C
環境試験方法-工学的ガイドライン 振動 MIL-810E
環境試験方法-工学的ガイドライン 衝撃 MIL-810F
信頼性試験方法 MIL-781-A

IEC規格一覧(対応JIS規格)

IEC(International Organization for Standardization)環境試験規格および、JIS規格との対比 IEC規格をJIS規格に対応させた規格があります。その対応と注意点がありますのでご参照ください。

IEC規格 対応JIS規格 備考
IEC-60068-2-6: 1995 Test Fc: Vibration
(sinusoidal)
JIS-C60068-2-6:1999(0040)
正弦波振動試験方法
振動試験を理解するための基本事項が学べます。正弦波は実際の環境と異なることが多いので注意が必要です。
IEC-60068-2-7: 1983 Test Ga: Acceleration,
steady state
JIS-C60068-2-7:1993(0045)
加速度(定常)試験方法
特にナシ。
IEC-60068-2-27: 1987 Test Ea: Shock JIS-C60068-2-27:1995(0041)
衝撃試験方法
機械式衝撃試験装置、または加速度、速度変化が大きければ動電式振動試験装置の使用ができます。
IEC-60068-2-29: 1987 Test Eb: Bump JIS-60068-2-29:1995 (0042)
バンプ試験方法
回数が多い衝撃試験は、IECで2-27と合併する予定です。
IEC-60068-2-31: 1969 Test Ec: Drop and topple, primarily intended for equipment-type specimens. JIS-C60068-2-31:1995(0043)
面落下、角落下及び転倒(主として機器)試験方法
特にナシ。
IEC-60068-2-32: 1975 Test Ed: Free fall. JIS-60068-2-32: 1995(0044)自然落下試験方法 特にナシ。
IEC-60068-2-47:2004 Mounting of specimens for vibration, impact and similar dynamic tests. JIS-60068-2-47: 2004 (0047) 動的試験での供試品の取付方法 治具設計に必要な記述があります。
JISは、1999年版のIECに一致しています。
2004年版のIECには、柔軟な包装についての扱いが追加されています。
IEC-60068-2-50:1983 Tests Z/AFc:
Combined cold/vibration (sinusoidal)tests for both heat-dissipating and nonheat-dissipating specimens.
JIS-C60068-2-50:1997(0038) 発熱供試品 及び非発熱供試品に対する低温/振動(正弦波)複合実験 特にナシ。
IEC-60068-2-51: 1983 Tests Z/BFc:
Combined dry heat/vibration (sinusoidal) tests for both heat- dissipating and non-heat-dissipating specimens.
JIS-C60068-2-51:1997(0037) 発熱供試品 及び非発熱供試品に対する高温/振動 (正弦波)複合実験 特にナシ。
IEC-60068-2-53:1984 Guidance to Tests Z/AFc and Z/BFc:Combined
temperature (cold and dry heat) and Vibration (sinusoidal) tests.
JIS-C60068-2-53:1997(0039) 発熱供試品及び非発熱供試品に対する低温/振動(正弦波)複合実験 特にナシ。
IEC-60068-2-55: 1987 Test Ee and guidance: Bounce. ナシ 荷台で包装貨物が飛び跳ねる状態を再現する輸送試験です。専用の機械式試験装置を使います。日本では専用試験装置が普及していません。飛び跳ねは、ISO 13355の考え方で可能です。
IEC-60068-2-57: 1999 Test Ff:Vibration-Time-history method. JIS-C60068-2-57:2002(0057)
時刻歴振動試験方法
応答スペクトルで試験の厳しさを規定する試験です。主として耐震試験用、3軸同時試験を推奨しています。
IEC- 60068-2-59:1990 Test Fe: Vibration- Sine-beat method. JIS-C60068-2-59 (0056)
サインビート試験方法
主に耐震試験用です。時刻歴試験が出来ない場合の簡易試験です。
IEC-60068-2-64:1993 Test Fh:Vibration broad-band random (digital control) and guidance. JIS-C60068-2-64:1997 0036)
広帯域ランダム振動試験方法及び指針
実際の振動は、ほとんどがランダム振動です。ランダム振動試験の理解と試験技術向上に有効です。
IEC- 60068-2-65: 1993 Test Fg: Vibration acoustically induced. 2003年度原案作成完了 ジェットエンジン、ロケットエンジンが発生する 120dB以上の音響を再現しています。
IEC-60068-2-75: 1997 Test. Eh: hammer tests. JIS-60068-2-75: 2004ハンマ試験 製品に他の物体が衝突する環境をハンマで再現しています。
IEC-60068-2-80: 2005 Test Fi:Vibration mixed mode. ナシ 自動車エンジンや、回転する機械の振動を再現する試験です。Sine on random、 Random on randomなど。Sineの掃引速度と制御誤差の関係が示されている。
IEC-60068-2-80: 2005 Test Fi:Vibration mixed mode. ナシ 自動車エンジンや、回転する機械の振動を再現する試験です。Sine on random、 Random on randomなど。Sineの掃引速度と制御誤差の関係が示されている。
IEC-60068-2-81:2003 Test Ei: Shock-Shock response spectrum synthesis testing. ナシ 自動車エンジンや、回転する機械の振動を再現する試験です。Sine on random、Random on randomなど。
IEC-60068-2-81:2003 Test Ei: Shock-Shock response spectrum synthesis testing. 2005年度JIS原案作成 衝撃応答スペクトルで試験の厳しさを規定する衝撃試験です。ロケットの段間分離衝撃で使用されています。
IEC-60068-3-3:1991 Guidance,Seismic test method for equipments. JIS-C60068-3-3 (0055)
機器の耐震試験方法の指針
この指針で2-6、2-57又は2-59を選択します。
IEC-60068-3-8:2003 Selecting amongst vibration test 2004年度原案作成 正弦波、ランダム、混合モードをどのように選択すべきかの指針です。
IEC-60068-3-9:Selecting amongst shock tests 2005年8月現在PWI(potential new work item)段階 ナシ 2-27、2-29、2-31、2-32、2-55、2-77のうち何を選択すべきかの指針です

JIS規格検索
各JIS規格の検索および閲覧は、下記の「JISC(Japanese Industrial Standards Committee)日本工業標準調査会」より行えます。
JISC日本工業標準調査会 http://www.jisc.go.jp/

ご購入・導入前の製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらから
03-3494-1221 受付:月~金(祝・祭日除く)10:00~17:00
お問い合わせ

EMIC Corporation Techno Center テクノセンター


SSLとは?